Blogスタッフ日記

新機能「タイルの必要数量計算ツール」について

2021.08.18

休業中もたくさんのご注文やお問い合わせ、誠にありがとうございます!
さて、リニューアルした当ショップの操作には慣れましたでしょうか?
今回は商品詳細ページに加わった新機能「タイルの必要数量計算ツール」についてご紹介します。

「タイルを何枚買えばいいのか分からない」を解決します!

以前は一般的には馴染みの薄かったタイル施工も、DIYの普及に伴って多くの方が挑戦してくださるようになりました。
また、こだわりの注文住宅やリフォーム・リノベーションにおいては施主支給で、施主様が自ら選んだお気に入りのタイルを空間に取り入れるケースも増えています。

「施主支給」とは
一部の住宅設備を施主が自ら購入し、支給すること。
照明やドアノブ、タオルハンガー等、取り付けが簡単なものが主流で、工事を伴う箇所はハウスメーカーや施工会社に断られる場合もありますので、必ず事前に確認しましょう。

理想のタイルが見つかったのに、何枚・何シート・何ケース買えば良いか分からない!
そんな時は「必要数量の計算ツール」をご利用ください。

手順1)施工箇所の面積を調べる

メジャー等でタイルを施工したい箇所の面積を測り、
単位を「m2(平方メートル)」に直してください。

例)横の長さ100cm×縦の長さ50cm=5000cm2
施工面積=0.5m2

手順2)タイルの商品ページを開く

タイルの必要数量計算ツール

ロス・ルナス3B・300×100角平の場合(PC表示)

オレンジ色のカートに入れるボタンの下に、計算ツールが表示されているタイルは概算の算出が可能です。
初期状態では、1m2に必要な数量が表示されています。

手順3)入力フォームに必要なm2数を入力

タイルの必要数量計算ツール

必要数量計算ツール:ロス・ルナス3B・300×100角平の場合(スマホ表示)

今回は、左側の入力フォームに(1)で計算した「0.5」と入力すると、必要数量「17枚」と表示されました。

手順4)計算した数量を「カートに入れる」

ショッピングカート画面

ショッピングカート画面(PC表示)

計算ツールを参考に決定した購入数量を入力し、「カートに入れる」ボタンを押してください。
ショッピングカートに移動しますので、画面の指示に沿って決済を進めてください。
ご登録いただいたメール宛に「注文内容の確認メール」が届きましたら注文完了です!

当ツールで算出された必要数量は、カタログ表記に基づく概算となります。
施工箇所、施工方法、目地幅等によって必要数量は前後する可能性がありますので、ご注意ください。

Q.そもそも、タイル施工に必要な数量ってどうやって調べるの?

タイルの必要数量の調べ方
A. 記載方法はまちまちですが、各メーカーのタイルカタログには、必ずm2あたりの必要数が記載されています。
当ショップの商品詳細ページにも、赤枠部分に記載されていますので、複雑な形状のタイルでも、こちらを参考に算出が可能です。
商品ページにツールが表示されていない場合や、不安な場合はお問い合わせフォームにてお気軽にご相談くださいませ!

この日記に関連する商品